記事はどうやって作る?ホームページの作り方

2018年5月26日 By admin

どんなホームページを作るか理解しよう!

ホームページを作る時、どのような内容で作るのかは重要です。個人的な趣味で作る場合と、企業の宣伝用として作る場合などでも違ってきますし、目的が同じでも人によって内容は異なってきます。そのため、まずはどのようなホームページにしたいのか考えましょう。ここでは、釣りを例にして考えてみます。

趣味か商売か?目的を考える

魚釣りを内容にしたホームページの場合、例えば本日の釣果、釣り具の使い勝手、釣り場でこんな出来事があったなど箇条書きに書いていきます。あらかじめ書き出しておけば内容が作りやすいですし、どのような事があったのか整理する事もできます。

趣味の場合は感想を交えながら日記のように書いていくと作りやすく効率的です。一度ざっくりと書いてみて、そこから誰かと会話しているように書き直していくと書きやすいかもしれません。この時、情報を伝えたいのか、楽しませたいのかでも内容が多少変わってきます。情報を伝えたい場合はこの釣り具が使いやすかったなど、楽しませたい場合は、この魚は手ごわかったなど書いていくと共感されやすいです。

商売につなげたい場合は、釣り具の使いやすさや最新の情報を伝える事が中心になります。今はこの釣り場が釣りやすい、この魚はこの道具を使えば釣りやすいなど相手に興味をひかせる内容に作ると効果的です。最終的には商品を売る事が重要になるため、雑談スペースなどは別ページに設けると良いでしょう。

オリジナルのホームページを意識しよう!

このように、目的に応じてホームページの内容は大きく変わってきます。どのページを作るにしても人に見てもらう事になるため、何度も訪れてもらえるようなページを作る事を意識しましょう。しっかりと作れば、ずっと更新し続ける事も可能です。

ホームページ制作は、色々な視点を考慮する必要があります。市場の動向を含めた多岐にわたる情報収集を行い、その結果を踏まえてホームページのコンテンツや見せ方を決めるのが、売り上げをアップさせる秘訣です。